スリムコーヒーに副作用は?危険性を徹底調査

スリムコーヒーに副作用

 

スリムコーヒーは、チャコールコーヒーです。
置き換えダイエットにおすすめできます。

ダイエットする人の健康をサポートする。

 

8種のダイエットサポート(健康をサポートする)成分と7種の美容成分が含まれています。

 

こんなスリムコーヒーですが、副作用の危険性はあるでしょうか?

 

 

 

 

 

スリムコーヒーに副作用の危険性はあるのか?

 

スリムコーヒーは、医薬品ではなく健康食品の一種です。つまり飲み物または食べ物です。

 

副作用の心配はほとんどないと考えて良いでしょう。
たとえば、お寿司や焼き肉を食べとき、副作用があったという人はいないと思います。
体質的に合う合わないはありますが、注意するのは食べ物アレルギーぐらいです。

 

 

実際に、口コミなどをチェックしましたが、ネガティブなものは以下の感想ぐらいです。

口コミはあくまでの個人の感想です。

 

とても美味しい!
実際飲んでみて、味はとっても普通のコーヒーな感じでおいしかったです。

サラサラとした粉ですぐ溶けます。扱いやすいです。

 

最初お腹は少し緩くなりました。しかし2回目以降はそんなに緩くなる事はありませんでした。

 

とてもおいしいのでリピートしようかと思います。
飲み干した後マグカップの底にグレーの沈殿物がありました。これがチャコールなんですね。ちゃんと入ってるんだなと実感しました。


<出典:アマゾンカスタマーレビュー

 

このようにお腹が緩くなったという口コミがちらほら見られましたが、プラスの側面もあります。
実際、普通のコーヒーを飲んでも、お腹が緩くなる人もいますけどね。

 

【ダイエットコーヒー】SLIM COFFEE-スリムコーヒ-

 

 

 

スリムコーヒーの成分は?副作用が可能性は?

スリムコーヒーには、8種のダイエットサポート成分と7種の美容成分が配合されています。

ダイエットサポート成分=ダイエットする人の健康をサポートする。

 

どのような働きがあるでしょうか?

 

 

8種のダイエッターサポート成分

スリムコーヒーダイエット成分

スリムコーヒーの炭

竹炭未(チャコール) 体内環境をサポートし、中からキレイに。
赤松炭末(伊那赤松妙炭末) 赤松を炭に加工したものです。炭は油の吸収性に優れていることで有名ですよね。
難消化性デキストリン 食後の血糖値の上昇を抑える働きがあると言われています。
L-アルギニン アルギニンは、ダイエットをする人に有名な成分ですね。健康をサポートしてくれます。
コーヒー(グリーンコーヒー豆エキス、クロロゲン酸) クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種。還元力が強く、ダイエットする人にうれしい成分として有名。
Lオルニチン塩酸塩 アミノ酸の一種。体内でダイエットする人に嬉しい働きをサポートしてくれます。
ギムネマ未(ギムネマシルベスタ末) インドで古くから利用される民間薬で、食物との同時摂取で体内環境をサポート。
Lカルニチンフマル酸塩 人の肝臓や腎臓で合成されるアミノ酸ペプチドと呼ばれる栄養素。ダイエットをする人が喜びそうな成分です。

 

 

7種の美容成分

スリムコーヒーの美容成分

レスベラロール(レスべラトール含有赤ワインエキス末) 体の中からイキイキをサポートします。ポリフェノールを豊富に含みます。
中鎖脂肪酸含有粉末油脂(MCTオイル) ココナッツなどに含まれる自然由来成分の中鎖脂肪酸が主成分の油。吸収が早く、持久力アップやダイエットサポート、リラックス効果等の作用があると言われています。
ビタミンD3 カルシウムやリンを吸収したり、体内の働きをサポートします。
フィッシュコラーゲン

名前が表す通り、魚皮から抽出されたコラーゲンです。
豚コラーゲンよりも吸収力があるのが特徴です。

植物発酵エキス(酵素、植物発酵乾燥粉末) アミノ酸やビタミン等の栄養だけでなく、酵素、酵母が含まれています。体の中からキレイにすると言われています。
乳酸菌末(乳酸菌死菌体末、フェカリス) 乳酸菌の一種です。体の調子を整えるサポートをします。
ビフィズス菌末 体内環境に生息して悪玉菌を減らす作用が期待でき、体内の働きをサポートします。

 

 

基本的に紹介した成分で、ひどい副作用が発生するようなものはありませんでした。

 

ただし、食物アレルギーがある人は購入する前に全成分をチェックしておきましょう。
過去にアレルギーを発症させた成分があったら、購入は見送った方が良いかもしれません。

 

原材料・成分
コーヒー(インド製造)、難消化性デキストリン、赤松炭末、生コーヒー豆抽出物、Lオルニチン塩酸塩、ギムネマシルベスタ末、L-カルニチンフマル酸塩、植物発酵乾燥粉末(デキストリン、植物発酵乾燥粉末)(オレンジ・キウイフルーツ・大豆・バナナ・リンゴ・ゴマ・カシューナッツを含む)、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、乳酸菌死菌体末、中鎖脂肪酸含有粉末油脂、レスべラトール含有赤ワインエキス末、ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)(乳成分を含む)/植物炭末色素、L-アルギニン、ビタミンD、加工でん粉、リン酸三カルシウム

 

 

 

まとめ

スリムコーヒーは、特に副作用の心配がないことが分かりました。
ただし、コーヒーが苦手だったり、食物アレルギーがある人は要注意です。

 

原材料や成分を見て「ちょっとヤバいかも」という成分があったら、購入は見送った方が良いかも。万が一飲んで体調が悪くなったときも同様です。

 

そういう場合は、無理をしないで解約した方が良いでしょう。

 

香ばしくて美味しい!

ダイエットコーヒーというと、クセや後味など気になるのかなと身構えていましたが、まったくそんなことはなくて、むしろ、いつも飲んでいるインスタントコーヒーより香ばしくて美味しかったです。これなら続けられそうです。


<出典:アマゾンカスタマーレビュー

 

 

アマゾンなどでも購入できますが、公式サイトの方がお得な価格で入手できます。
Amazon Payも使えるので、アマゾンと購入するのと、あまり変わりませんしよね。

公式サイトの価格

 

【ダイエットコーヒー】SLIM COFFEE-スリムコーヒ-